2015年03月09日

spoonbrooch1.jpg
¥3000以上のお買い物をいただいたお客様から先着4名の方に写真の白いハンカチをプレゼントします。
(ハンカチの柄はこちらにお任せください。)

 子供のころ、春はどちらかというと嫌いな季節でした。学年末、新学期、クラス替え、新しい先生友達、新しいことがたくさん詰まったこの時期は、想像するだけでどきどきしておなかも痛くなりました。季節の変わり目はアレルギーで体調もよくなかったこともあって、きらきらと光が溢れる季節とは裏腹に気持ちは沈みました。桜やらお花見やら、街のちょっと浮かれた空気にも馴染めずにいました。きっと私のように感じている人もいるのではと思います。
 
 学校もなくなり、年を重ねるにつれ、春が好きになってきました。長い眠りから覚め、命が芽吹き、光に溢れ、空気もエネルギーに満ちた春。ひとつの動物にかえって、美しい季節に身をゆだねていることを素直にうれしく感じます。

 まっさらなハンカチを広げるようにすがすがしい春。みんなのいろんな思いを乗せて、季節は前に進んでいきます。気がつけば、新しいクラスにも慣れ、新しい友達ができ、笑いあっている。甘酸っぱくてほろ苦いフランボワーズチョコレートのような春はとおりすぎ、そのころには初夏を迎えているのかもしれません。そして、思い出になった今は、春がくるたびにそのきゅんとした甘酸っぱさを思い出します。そして、甘いだけでないその甘酸っぱさがいい思い出になっているのを感じます。
spoonbrooch2.jpg


+ ご紹介したお品物
・ 銀のさじのブローチ
・ ミニチュアの木靴




posted by tree at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

グラノーラ

granola1.jpg
なかしましほさんのレシピで、繰り返しグラノーラを作っています。
甘すぎず、油っこすぎず、べたつかず、とてもいい加減で、しかも簡単というのがとてもうれしい。
入れるナッツの種類やドライフルーツによって無限の可能性があるのも楽しみです。
この日はドライブルーベリーを入れてアーモンドと。
定番のレーズンとクルミとシナモンははずれのないおいしさ。
今度はイチゴとココナッツシュレッドでも作ってみようと思います。
このグラノーラは豆乳と食べるのがおいしく感じます。
キツネ色のグラノーラは、口の中でざくざくと勇ましい音を立てて食べるたびにおいしいなぁとしみじみした気持ちになります。
毎日のものだから、大好きな入れ物に入れてキッチンに飾りながら常備するのが目に入るたびの楽しみになります。
イタリア製の青い花柄の缶はブルーと白がさわやかな朝にぴったりです。
缶の中でかしゃ、かしゃという心地よい音に胸が躍ります。granola2.jpg

+ ご紹介したお品物
・ 青い花の缶 大
・ 青い花の缶 小もあります。
・ Figgioフライパン 
posted by tree at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

花びらという名前のプレート

petalplate2.jpg

春のやわらかな日差しが似合うマクベスエバンスのペタルシリーズは、日の光を通す繊細な花びらのようなガラスがとても美しくて、個人的にも大好きなプレートです。真っ白なものや金のリムや花の模様があるもの、ピンク色などいろいろ種類がありますが、特に好きなのがこのシンプルなアイボリー色のシリーズ。真っ白なリネンにのせたとき、アイボリー色(バニラアイス色)がやわらかく映えて、白のグラデーションにうっとりします。カシャ、と崩れるクリームブリュレのカラメルのように、薄くて繊細なガラスは軽くて場所をとらないのも魅力です。
アップルパイやクッキー、アイスクリーム、何を乗せようと春のお茶の時間が待ち遠しくなるようなプレート、繊細なミルクガラスの魅力を実際に手にとっていただけたらと思います。

+ご紹介したお品物
petal 花びらのお皿
バテレンレーステーブルセンター

posted by tree at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。